外資系サラリーマンによるミニマリスト入門

ミニマリストな外資系サラリーマンがミニマリストへの道をご案内します。

その断捨離、ちょっと待った!

f:id:gedatsu_r:20190821020352j:plain

皆さんこんにちは、家を見回すと結構ものがあるミニマリスト、団シャーリーです。

え?それじゃミニマリストじゃないじゃんって思ったでしょう?

断捨離してはいけないものもあるのです。

断捨離は計画的に!

 

 

断捨離してはいけないものその1:人のもの

ミニマリストにとっては常識かもしれませんが、人のものを勝手に処分してはいけません。

ちょっと昔に旦那様の鉄道のおもちゃを奥様が勝手に捨てたという2ちゃんねるの書き込みがあったと思います。

matome.naver.jpその後、旦那様は…

=======================================

でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました
会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり
今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって
あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが
夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい

=======================================

 見事にミニマリストになってしまいました。

ミニマリストのワタシからするとほっこりするいい話なのですが、いくら夫婦といえども人様の物を勝手に捨ててはいけません。

実は我が家でも似た事故が起こりそうになりました。

私は周りにモノが溢れているとイライラするので「キェー!!」と叫びながら掃除を始めます。

共有クローゼットに古い蔵書があったので「ええい!捨ててしまえ!」とゴミ袋に放り込もうとしました。

その瞬間、嫁が「待って!それ私の!」と言い出したのです。

私はその本は自分がもらったもので、BOOK OFF行きになる前にちょっと読ませて〜と自分から保留している本だと勘違いしていたのです。

(その保留になった本はすでに断捨離されていました(笑))

その後、私が掃除を始める前には「私の物を捨てないでね」と釘を刺されるようになりました。

ただの勘違いだったんだよう…

失った信頼はなかなか回復しません。

皆様も断舎離するときはお気をつけてくださいね。

 

断舎離してはいけないものその2:まだ使うもの

これまた当たり前ですが、意外と当たり前のことがミニマリストはできていません。

特にミニマリスト初心者に多いのですが、とりあえず捨ててみるの精神です。

え?過去の記事でお前「買い戻せるものはとりあえず捨てる」って言ってたじゃんよって?

 

www.gedatsu-from.work

 はい、しかしここで大事なのは「まだ使うもの」なのです。

ミニマリスト初心者はまだ使うものをホイホイ断舎離します。

そして必ず買い戻します。

断捨離するのではなく、断隠離してみてください。

そう、隠すのです。

例えば風呂場の出入り口にあるバスマットですが、ミニマリストはそれを断捨離したがります。

もしあなたが今バスマットの断捨離に挑戦しようとしてるのでしたらそれを棚にしまってください。

そして1週間ほどバスマットなしで生活してみてください。

パターン1:

「あれ?バスマットあったほうが風呂上がり楽じゃね?いちいち手ぬぐいで床を拭くのめんどくさくね?」

そしたらバスマットをまた棚からだして床に広げてください。

パターン2:

「バスマットいらなかったな。風呂場でしっかり足拭いて出てくれば必要なかったわ!」

そしたらバスマットを捨ててください。

 

大事なのは実験してみることです。

パッションに身を任せると無駄な出費につながります。

ミニマリストユーチューバーを見てると、机を捨てて、机を作って、机を捨てて、机を買ってという人を見たことがあります。

やってみないとわからないこともあると思います。それも実験です。

でも、捨てなくてもできることは捨てずにトライしてみてください!

 

断舎離してはいけないものその3:人間関係

ミニマリズムな本を読んでいると無駄なものは断舎離しましょ、それはものだけじゃなくて時間や人間関係もですよ。

みたいなことを書いています。

ほんとに嫌いなら断捨離してもいいと思います。

その人のことを考えるとイライラっとしてしまう。

でも、その感情は一時の迷いかもしれません。

しばらくしたらその感情も薄れ、共通の友人と遊んだりもできなくなるかもしれません。

ここで出てくるのが断隠離です。

隠すのです。

具体的に言うとTwitterでブロックするのではなくミュートにするのです。

そしたらその人はTLに現れなくなります。

携帯電話に残っている大学時代の友人のアドレス。

おそらくもうこちらから連絡を取ることはないでしょう。

でももしかしたらふと連絡を取りたくなることもあるかもしれません。

一度消してしまったらスッキリするかもしれません。

でももう二度と手に入らないものです。

お気をつけてくださいね。

 

いかがだったでしょうか?

  • 人のものは捨てない。
  • まだ使うものは捨てない。
  • 人間関係は一度壊れると取り戻せないので捨てない。

この3点を気をつけていただけると快適なミニマリズムライフが送れるのではないでしょうか?

 

それではまた!

プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせ