外資系サラリーマンによるミニマリスト入門講座

ミニマリストな外資系サラリーマンがミニマリストへの道をご案内します。

【ラーメン二郎完全攻略マニュアル】 目黒店

f:id:gedatsu_r:20190308221024j:plain

前回の三田本店に続いて、今回はラーメン二郎目黒店に行ってまいりました!

なに?ラーメン二郎を知らない?なら過去の記事をどうぞ ↓↓↓↓↓ www.gedatsu-from.work

ラーメン二郎目黒店は三田本店の次に歴史が古いラーメン二郎です。

団シャーリーの「ホーム」でもあります。

 

 

 ホーム?お前ラーメン二郎に住んでんのかよ?

いえいえ、そういう意味ではありません。

心の故郷的なホームです。

ラーメン二郎は30店舗以上あるので自ずと通う二郎が定まってきます。

幸いなことに団シャーリーの自宅がラーメン二郎目黒店の徒歩圏内にあり、

職場も近いので頻繁に訪問することができます。

月に1回は食べないと気がすまないですね。

まさに実家のような安心感を得られるラーメン二郎。そこが目黒店なのです。

 

ラーメン二郎なんてどこも一緒だろ?何言ってだ?

フフフ… ラーメン二郎を食べたことがない人間はみんなそう言うんです。

ラーメン二郎なんて「豚のエサ」だってね。

意識の高い人はみんなそう言う。

そんな人にガツンと言ってやります。

ふざけんじゃねぇ!豚のエサはもっと味が薄いわ!」とね。

いや、正直ラーメン二郎って人を選ぶと思うのよね。

店もきれいじゃないし、見た目もアレだし。

味は化学調味料とブタとニンニク。

デートに使えるわけじゃないし…(嫁ちゃんとの初デートはラーメン二郎三田本店だったけど)

でもね、それでもラーメン二郎にはなぜか通いたく魅力があるんだよ。

店によっても味も違えば、雰囲気も違う。

ゆっくり食べれる店もあれば、隣の客との早食いバトルになる店もある。

その多様性(diversity)が良いんじゃないか。

 

ラーメン二郎 目黒店の魅力とは?

目黒店の特徴は、小ラーメンが500円であることがよく挙げられます。

現存するラーメン二郎でワンコインで食べられるのは目黒店だけなのではないでしょうか?

ワンコインでお腹いっぱい食べてもらいたいという店主の優しさを感じます。

f:id:gedatsu_r:20190308235910j:plain

もう一つの特徴が非常に狭い店舗にあると思います。

席の数はわずか10席。

よく野球のグラウンドに例えられるのですが、右手が一塁側、左手が三塁側。

キャッチャーの位置にセルフサービスの給水機があります。

店主は5人分を一気に作って、「はい、小のかた~」と聞いてきますのですかさずコールです。

f:id:gedatsu_r:20190308235945j:plain

テーブルの上には醤油とコショウと割り箸のみ。

レンゲもティッシュもありません。

隣の客と肘をぶつけ合いながら食べるラーメン二郎は格別ですよ。

あと、目黒店の特徴として量が少なめなのがあります。

少なめと言っても普通のラーメンよりかは全然多いので小ラーメンでお腹いっぱいです。

 

で、今回は何を注文したのかな?

f:id:gedatsu_r:20190309000129j:plain

 小ラーメン豚入り 600円をチョイス!

f:id:gedatsu_r:20190309000222j:plain

店の外でおとなしく待ちます。

ちなみに金曜日の13時40分くらいにお邪魔したのですが、並んでいるのは1人だけ。

少なくてラッキーでした。

 

お待ちかねのコールは?

コールの瞬間はいつも緊張します。

今回は「ゼンブ」。

ん?なんじゃそら?と思ったあなた。

そう、これは「ヤサイニンニクアブラカラメ」と同じ意味になるのです。

ただし量の調整は聞かないのでゼンブが「マシ」になります。

そもそもラーメン二郎目黒店はマシだろうがマシマシだろうが一緒です。

(検証したことがあります。)

おそらく目黒店は二進法を採用しており、「ヤサイマシマシ」と聞いても「ヤサイ=1」と変換されているのではないでしょうか?(笑)

 

さあ、着丼

f:id:gedatsu_r:20190309000749j:plain

て、店主… ニンニク入れ忘れてるじゃんよ…

まあ、いいか。

ニンニク抜きなんて3年ぶりくらいに食べるぜ。

ブタはいわゆる神ブタ、とろっとろで口に入れた瞬間にブタのうまみと醤油の味がジュワッと広がる。

麺はシコシコしつつも芯が残らない程度の絶妙の茹で加減。

盛りはちょっと少ないけど及第点。

アブラはカタマリを頼んだのかと自分を疑いたくなるサイズ。

これでニンニクがあれば歴史に残る一杯だったのに… おしい!

 

まとめ

500円でお腹いっぱい食べられるラーメン二郎目黒店!

ぜひ訪れてみてください。

もしかすると団シャーリーが隣でラーメン二郎を食べているかもしれませんよ?

プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせ