外資系サラリーマンによるミニマリスト入門

ミニマリストな外資系サラリーマンがミニマリストへの道をご案内します。

セミリタイアの最大のハードルは妻と子供?

f:id:gedatsu_r:20190220232419j:plain

おそらくセミリタイアを志す妻帯者のほとんどはタイトルのようなことを考えているのではないでしょうか?

もちろん外資系サラリーマンRもそんなことを思ったことが無いわけではありません。

でもその考えは実はただの自惚れだったと最近気づきました。いわゆる鎖です。

 

そもそも私の嫁は私がいなくても普通に生きていける真人間です。

職場のしがらみや仕事がめんどくさいという理由でセミリタイアを目指す私よりずいぶんまともです。

逆に考えれば、まともな嫁がいれば自分は適当でもなんとかなります。

今回、セミリタイアを真面目に考える上で嫁と話し合ったことは生活費をどうやって捻出するかです。

試算すると家族3人で月に16万円くらい生活費がかかりそうです。

なので、私は自分の持っている資産を運用してなんとか月に8万円捻出するので、残りの8万円を家に入れてくれるように嫁にお願いししました。

結婚前は月に20万稼いでいた嫁ですのでそこはすんなりとOKしてくれました。

当たり前ですが、1人暮らしよりも2人暮らしの方が生活費は少なくて済みます。

まさに「結婚は喜びを二倍にし、悲しみを半分にする」 by シラーRというところでしょうか。

自立した妻を持つと実は独身の時よりも選択肢が増えるのでセミリタイアが遠のくということは無いとおもいます!

 

そもそもセミリタイアを目指すヤツもミニマリストも独身が多すぎる。

家族は養わなくてはいけないとか、男は大黒柱だとか古い慣習の鎖にしばられているんじゃないのか?

セミリタイアみたいな慣習の鎖から解き放たれたいくせに結婚のことになるととたんに鎖にこだわりやがる。

ほら、そんな鎖、本当はないんだよ。もっと適当に生きようよ。

 

子どもがいるから仕事をやめられない?

いや、むしろ年収のある外資系サラリーマンRの方が子育てに苦しんでますよ。

子ども手当は15000円から5000円に減額されるし、

会社では年収が高いからという理由で残業代も出ないし、長時間労働をやって当たり前。

定時に帰ろうものなら上司と同僚から辛辣なイヤミが飛んできます。

セミリタイアを決意した理由の一つはもちろん仕事が辛いから。

でも、もう一つの理由は息子と一緒にいる時間をもっと増やしたいからなんです。

こんなに可愛い時期に子供の記憶よりも仕事の記憶の方が多い人生なんて、、、耐えられない!

 

10年ほど社会人をしてきてそこそこお金が貯まったので、家族との時間を大切にしながら楽しく生きる道を模索したいと思います。

 

もし、この記事が面白いと思ったら読者になるボタンを押して頂けると嬉しいです!

プライバシーポリシー・免責事項・お問い合わせ